SHAUNS
ショーンズ

扇面貼交ショーン
(せんめんはりまぜしょーん)
©Taro Yamamoto , courtesy of imura art gallery

私は自分の作品をニッポン画と呼んで古典絵画の中に現代の風俗が混在する作品を制作しています。今回のショーンの作品では「扇面貼交」という伝統的なデザインを採用しました。これは一つの大きな画面の中に季節や場面が違う扇形の小さな画面をたくさんコラージュする作品形式です。この作品では12ヶ月をイメージした扇を貼付けています。季節や年月を超えても楽しまれるショーンの物語を日本的に表現してみました。

山本太郎(ニッポン画家)

1974年熊本生まれ。2000年京都造形芸術大学卒業。大学在学中の1999年に、寺社仏閣とファーストフード店が至近距離で混在する京都にインスピレーションを受け、伝統と現代、異質な文化が同居する「ニッポン画」を提唱。日本の古典絵画と現代の風俗が融合した絵画を描き始める。
2007 VOCA賞
2015 京都府文化賞 奨励賞
\どこにいるの?/
「東急プラザ表参道原宿」を探そう!

UK Trails

Shauns in the city UK Trails

2015年3月28日(土)から8月31日(月)まで様々に彩られた大型ショーン合計120体がロンドン、ブリストルの2都市で展示され、展示後は英国の病院にいる子どもたちのために、オークションにかけられ、寄付されました。

「Shaun IN THE CITY UK Trails」概要

名称:Shaun IN THE CITY UK Trails
開催地:ロンドン、ブリストル市内
展示期間:ロンドン 2015年3月28日(土)~5月31日(日)
 ブリストル 2015年7月6日(月)~8月31日(月)
展示数:ロンドン50体/ブリストル70体
仕様:高さ152cmスタチュー
URL:www.shauninthecity.org.uk

▲PAGE TOP